プラセンタ de キレイになれる♪

管理人「友紀」がプラセンタの効果や副作用などの知識や体験談を紹介します!

プラセンタでキレイになる!
open3

HOME
ホーム

まずは基本の知識・情報収集から始めましょう。

⇒ HOMEはこちら

open2

TP200next

高品質でコスパも優秀!今もっともお薦めしたサプリ。
⇒ 体験談はこちら

open1

Tp200
エッセンス&ローション

スキンケアならこれがお薦め!理想的な成分配合
⇒ 体験談はこちら

open2

ランキング

高品質な製品のみを厳選して紹介しているランキング(サプリ編)♪
⇒ 詳細はこちら

画像

  • 大
  • 中
  • 小

プラセンタ注射のメリット・デメリットまとめ

プラセンタが今、美に関心のある女性たちに大人気です。

プラセンタとは胎盤のことです。
胎盤は、胎児が母体内で成長するのに欠かせないもので、
細胞分裂を促進させるなどの役割を持つ成長因子や、アミノ酸などの成分が豊富に含まれています。
(「プラセンタに含まれる成分とは?」にて詳細に解説しています。)
このプラセンタの働きによって、新陳代謝が活発化され、肌や体の傷ついた部分がどんどん修復されます。

プラセンタの利用には、大きく分けて注射とサプリメントの2種類があります。
ここではプラセンタ注射のメリットとデメリットについて紹介していきましょう。

まずはプラセンタ注射のメリットですが、プラセンタ注射は厚生労働省の認可を受けており、
専門家である医師のアドバイスを受けながら行われるので、非常に安心です。

プラセンタ注射を肝機能障害や更年期症状の改善といった医療技術として使う場合には
保険が適用され、非常にリーズナブルな料金で治療を受けられます。

プラセンタ注射を打つことでホルモンのバランスを整え、
血行促進や代謝活性化による疲労回復、免疫力アップなどの様々な効果があります。
さらにプラセンタ注射は、花粉症やアトピー性皮膚炎などといった抗アレルギー作用も期待できます。

プラセンタ注射は、体にダイレクトに注入する方法なので、
サプリメントに比べて即効性があり、効果を感じやすいのもメリットです。
プラセンタ注射は、ビタミンCなどと組み合わせて注射することによって、さらなる美容効果が期待できます。

一方、プラセンタ注射のデメリットですが、注射後に軽い副作用として患部が赤くなったり、
硬くなったり、かゆみを伴ったりする場合があります。
ごくまれにアレルギー反応や過敏症が見られることもあるようです。

プラセンタ注射は、毎回クリニックや病院に通わなければならず、
特に美容目的などの場合は保険適用外治療となり、金額もかさんでしまいます。
もちろん安全性は限りなく100パーセントに近いのですが、
ヤコブ病とプラセンタの因果関係がハッキリと解明されていないために、
一度プラセンタ注射を受けると献血ができなくなるのもデメリットとして考えられます。

効果がハッキリと出やすいプラセンタ注射ですから、
メリットとデメリットをきちんと理解した上で取り入れたいものです。(「注射とサプリメント比較」もご参考下さい)