プラセンタ de キレイになれる♪

管理人「友紀」がプラセンタの効果や副作用などの知識や体験談を紹介します!

プラセンタでキレイになる!
open3

HOME
ホーム

まずは基本の知識・情報収集から始めましょう。

⇒ HOMEはこちら

open2

TP200next

高品質でコスパも優秀!今もっともお薦めしたサプリ。
⇒ 体験談はこちら

open1

Tp200
エッセンス&ローション

スキンケアならこれがお薦め!理想的な成分配合
⇒ 体験談はこちら

open2

ランキング

高品質な製品のみを厳選して紹介しているランキング(サプリ編)♪
⇒ 詳細はこちら

画像

  • 大
  • 中
  • 小

プラセンタエキスの抽出方法

プラセンタの種類」でご説明したように、プラセンタは原料によっていくつかの種類があります。
しかしそれだけではなく、プラセンタは抽出方法によっても異なることを覚えとおくと良いでしょう。
こちらの「プラセンタに含まれる成分とは?」のページでプラセンタの成分をご説明しましたが、
実は抽出方法によって成分は大きく異なってくるのです。

プラセンタの抽出方法は数多くありますが、
代表的なものとしては、下記が挙げられます。

・分子文画法
・酵素分解法
・凍結分解法
・塩酸分解法(加水分解法)

まず分子分画法は特殊なフィルターを用いることで、必要な成分を取り出す方法です。
有効成分のみが通過出来るフィルターを用いるため、成分を損傷させることなく抽出することが出来ます。

酵素分解法は酵素で細胞壁を反応・融解させ、有効成分を取り出します。
抽出率が高く、有効成分の損傷も抑えることが出来る抽出方法です。

凍結融解法は急速凍結と解凍を繰り返して細胞膜を壊し、成分を抽出します。
手頃で昔からある方法ですが、せっかくの成分が壊れやすく、また抽出率も低い方法になります。
塩酸分解法は塩酸を使用して全細胞を破壊し、成分を取り出す方法です。
手頃な方法ですが、有効成分も一緒に分解されやすいという特徴があります。

他にもプラセンタの抽出方法には培養栽培方法(セルカルチャー)などもあります。

プラセンタの抽出方法によって、製品の品質が大きく変わってくるのが分かるでしょう。
『馬プラセンタ2000mg配合』と同じように宣伝をしているサプリメントでも、
有効成分の損傷が低い製品もあれば、不純物が多い製品もあります。
単純にプラセンタ含有量を比較しただけでは、プラセンタの良し悪しは決められないのです。
なのでプラセンタを選ぶ際は抽出方法も注意して選ぶと良いでしょう。

品質が高いと評価されているのは分子分画法と酵素分解法の2つと、
培養栽培方法(セルカルチャー)も注目されています。
しっかりした製品であれば抽出方法を公開していますので、ぜひ確認をしてみて下さい。
こちら プラセンタの飲み方・使い方の解説ページも、とても興味深いので是非ご覧ください。