プラセンタ de キレイになれる♪

管理人「友紀」がプラセンタの効果や副作用などの知識や体験談を紹介します!

プラセンタでキレイになる!
open3

HOME
ホーム

まずは基本の知識・情報収集から始めましょう。

⇒ HOMEはこちら

open2

TP200next

高品質でコスパも優秀!今もっともお薦めしたサプリ。
⇒ 体験談はこちら

open1

Tp200
エッセンス&ローション

スキンケアならこれがお薦め!理想的な成分配合
⇒ 体験談はこちら

open2

ランキング

高品質な製品のみを厳選して紹介しているランキング(サプリ編)♪
⇒ 詳細はこちら

画像

  • 大
  • 中
  • 小

プラセンタの原料とは?

プラセンタの原料は「プラセンタの種類」でも書かれていますが、プラセンタの種類によって異なります。
ヒト由来のプラセンタは、ヒトの胎盤から抽出されたものを言います。

動物由来のプラセンタは馬・豚・羊など、それぞれの動物の胎盤を用いることになります。
植物由来の場合は主に種子が主原料となっているのが一般的です。

このようにプラセンタは原料によっていくつかの種類に分けることが出来ます。
単純に原料だけで優劣をつけることは出来ないのですが、
最も効果と即効性に優れているのはヒトの胎盤を原料とするヒトプラセンタになります。

ヒトプラセンタは各成分が有効に作用しますから、使用した翌日にも大きな変化を感じる方は少なくありません。
高いアンチエイジング効果を得たい方や健康状態を改善したいという方は、このヒトプラセンタがオススメと言えるでしょう。
そのほかのプラセンタの種類は、こちらのサイトをご覧ください。

動物の胎盤を原料とする動物由来のプラセンタは、それぞれで特徴が異なってきます。
馬プラセンタはアミノ酸含有量が非常に高く、その他の有効成分も他の動物より多く含まれています。
また馬は丈夫で予防接種がほとんど必要ないため、胎盤が薬剤の影響を受けている心配がありません。

豚プラセンタは有効成分が馬より少ないものの、人の体に吸収されやすいという利点があります。
ただ豚は病気に罹りやすいですから、無菌状態で育てられたSPF豚のものが薬剤の影響がなくて安心です。

羊プラセンタは日本ではあまり多くないですが、海外では非常にポピュラーで人気があります。
その理由はアミノ酸の種類が最も多く含まれていることと、人の細胞に馴染みやすい特徴があるためです。
元々丈夫な動物ですが、医用動物として育てられたものがより安全性が高くなります。

植物プラセンタの原料は、生命の元となる種子です。
しかしヒトや動物由来のように成長因子が含まれていませんから、健康効果を得ることは出来ません。
ですが美肌効果は高いことと、安全性に優れている特徴があります。
ヒト由来や動物由来が心配という方は、植物原料のプラセンタを選ぶと良いでしょう。

植物プラセンタについては「プラセンタサプリの選び方」でも詳しくご説明しています。